スポンサーリンク

冬になると飲み始める甘酒ですが、実は甘酒は夏の季語で夏に飲むことで夏バテを予防していたといわれています。最近では、健康や美容に良く、ダイエット効果のある飲み物として再度注目が高まっています。

スポンサーリンク

実際には甘酒を飲んでいてもダイエット効果は期待できません!

え?そうなの?と思った方もいるかも知れません。
その理由として、甘酒(米麹)は炭水化物だからなのです。普段の食事に甘酒を足したら、炭水化物の量が増えるので、ダイエット効果はありません。
では、何故再度注目が集まっているのか?甘酒の種類や効果をみていきたいと思います。

甘酒には2種類のタイプがあります。

米麹甘酒

日本酒と同様に、麹の発酵作用を利用してお米から作るもの。ですが日本酒と違い、甘酒はお米のでんぷんを麹菌によって糖分に変えています。甘酒が苦手でもこのお米と麹だけで作った甘酒を飲んでみると印象が変わるかも知れません。

酒粕甘酒

酒粕をお水で溶いて、砂糖で甘み加えたもの。こちらは酒粕にアルコール分が含まれているので、お酒が苦手な方は注意が必要です。また砂糖を加えて作っているためカロリーも高くなりがちです。

 

ここで知ってほしいのは、最近話題の健康や美容にいいと言われている甘酒は「米麹甘酒」です。お正月に神社で振舞われる甘酒もアルコール成分が含まれない「米麹甘酒」が多いそうです。(神社によっては酒粕甘酒のところもあります)
酒粕から作られている甘酒はダイエットに向かないと言われています。何故ならそれは砂糖をかなりの量を加えて飲みやすいようにと作られているものもあるからです。

では、実際甘酒にはどんな効果があるのかみていきます。

女性に嬉しい甘酒の効果

消化を助けるので、胃腸に優しい

甘酒に含まれるブドウ糖は麹菌によって既に分解されていて、効率よく体内にエネルギー源を吸収できます。その他にもアミノ酸・ビタミンB群・ミネラルなどが豊富に含まれていて、この成分は点滴と同じなのです。甘酒が「飲む点滴」と云われるのにはそのような理由があります。麹菌には一緒に摂った栄養の消化吸収を助けてくれる働きもあるので、胃腸に優しいのです。

糖質をエネルギーに変えて代謝をアップ

ビタミンB群には、糖質をエネルギーに変える働きがあります。甘酒に含まれる糖類は消化に時間のかかるものが多いので、体内に蓄積された糖質を使ってエネルギーを作り出してくれます。また、甘酒に含まれる甘酒酵素リパーゼには消化機能を助け、代謝をアップさせる働きや体に蓄積された体脂肪を分解する働きもあります。

満腹感を得られる

甘酒に含まれる甘み成分、ブドウ糖には血糖値を上昇させる働きがあります。
血糖値が上がることで満腹中枢が刺激されるため、満腹感を得ることが出来ます。
さらに甘酒ならではのドロっとした食感も満腹感を得られやすい要因です。
満腹感を感じることで食べすぎ防止に繋がります。

腸内環境を整え便秘を解消する

甘酒にはオリゴ糖や植物性乳酸菌といった腸内環境を整える働きを持つ成分が多く含まれています。オリゴ糖は穏やかな甘みを持つのが特徴で、腸内では善玉菌の栄養としての働きがあります。その他にも多くの食物繊維が含まれているため、体内の老廃物・便の排出に役立ちます。便秘に悩んでいる方は試してみるといいかもしれません。

甘酒の適正量は?

健康的な飲み物ですが、1日にたくさん飲んでいいというわけではありません。
1回あたり50~120㎖程度が適量とされています。また糖分の摂り過ぎを防ぐためにも、1日に飲む量はコップ1杯(200㎖程度)を目安にしましょう。

飲むタイミング

朝に甘酒を飲むことで甘酒に含まれるブドウ糖が脳をしっかり目覚めさせてくれます。またこれによって基礎代謝を上げることが出来ます。さらに温めて飲むことでその効果はアップします。
お昼に飲むとブドウ糖と糖の代謝を向上させるビタミンB群の相乗効果により、脳の働きが活発になり、集中力アップに繋がります。
夜など寝る前に飲むと、1日疲れた体を回復させる働きやストレスを緩和し、体を温めることで安眠効果があります。

甘酒の活用の仕方

甘酒ヨーグルト
甘酒に抵抗のある方には、牛乳や豆乳で割ってみたりすると飲みやすいかもしれません。
また、ヨーグルトと合わせてみる、普段のお砂糖の代わりで甘酒を使うのもおすすめです。
最近は甘酒を使ったスイーツも多く見かけるようになりました。自然の甘みで、体に優しいスイーツですね。

まとめ

今回は女性に嬉しい甘酒の効果という目線でみてきましたが、どうでしたか?
ダイエットやボディメイキングをしている方にとっては、適正量を越える量を摂取してしまうと逆効果になるので、甘酒を飲む場合は適量を飲むことをおすすめします。

ですが、お砂糖の代わりに甘酒を使うことで、食材のうま味を引き出す役割もしてくれて、優しいスイーツにもなります。腸内環境を整えて、便秘解消にしておくには「体」にとっても大切なことです。

満腹感を感じることで食べすぎ防止や代謝をアップさせていくことでダイエットやボディメイクの効果にも繋がると思います。

寒い日が続いていますがお正月、神社などで甘酒を見かけたら飲んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事