スポンサーリンク

日本では元々、ウイスキー割りやカクテルなどのお酒を楽しむための割り材でしかなかった炭酸水ですが、美容や健康のためにと近年、愛好家が増えています。ダイエットやボディメイクに励んでいる方の中でもなんだか健康に良さそうだし、普通のお水と違って爽快な味でおいしいといった理由で飲んでいる方も多いのではないでしょうか。また、お酒の頻度を減らすための代わりに炭酸水を飲んでいる方も増えています。

スポンサーリンク

お酒の代替品として「炭酸水」はどうか?

炭酸水は喉越しが爽やかですっきりするので、水やお茶に比べても満足感があります。お酒より安いため継続して飲み続けることが出来ますし炭酸水自体は成分が水のため、飲み過ぎたとしてもお水を飲み過ぎたことと同じ意味になりますよね。何より、炭酸水を飲んだことによる満足感がお酒の代わりとして炭酸水を必要として、お酒への執着が薄くなります。また炭酸水には様々な効果があるので上手に取入れたいところです。

では早速、炭酸水の効果を大きく3つ紹介します。

1. ダイエットをサポート

食事の前に300~500㎖の常温の炭酸水を飲むと炭酸ガスが胃に充満するため、胃が膨らみ満腹中枢が刺激され食欲を抑えることができます。炭酸水ダイエットを行う場合は、あくまでも無糖のカロリーゼロと表示されているものを選びましょう。

しかし、飲む量によっては食欲増進になってしまうこともあります。冷やした炭酸水100㎖程度飲むと胃腸の活動が活発的になり食欲が増進してしまい、消化のための準備をはじめます。そうすると胃は食べ物を欲しがり空腹感が増えて食欲に繋がります。

2. 疲労回復に効果あり

人は疲れを感じると身体が酸性に傾き水素イオンという「疲労物質」を溜め込んでしまいます。炭酸ガスが胃を刺激することで、体内に水分が吸収させるための血液量が増えて、疲労物質である老廃物を尿から出してくれます。

ただたくさん飲み過ぎてしまうと、身体が酸性に近づいていくので代謝が悪くなり、逆に疲れやすくなる原因になります。量には気を付けましょう。

3. 整腸作用を促進

胃腸の血管が刺激を受けて、胃の粘膜を活発にしてくれます。起床後に炭酸水を飲むことで便秘も解消され、老廃物の排出もスムーズになります。便秘解消やお腹に溜ったガスを出してくれる効果もあります。腸内環境を良くしたい方は、硬度の高い炭酸水がおすすめです。

そもそも炭酸水って何?

シュワシュワと弾けるきめの細かい泡が特徴の炭酸水は、別名で「発砲水」とも呼ばれています。あのシュワシュワとした泡の正体は二酸化炭素です。二酸化炭素はもともと水に溶けにくい性質があり、炭酸水は二酸化炭素を無理やり溶かしたものです。

炭酸飲料の蓋を開けた時にシュワっとするのは、不安定な状態で溶けている二酸化炭素が外部からの衝撃によって気体に戻り、それが泡となって弾けたものだそうです。

炭酸水の種類

炭酸水はベースになっている水の性質の違いから主に3つの種類に分けられます。

天然炭酸水:採水時にすでに炭酸を含む天然水を使った炭酸水

ペリエやサンペレグリノなど

天然水炭酸水:ミネラルウォーターなどの天然水がベースになっている炭酸水

南アルプスの天然水やスパークリングなど

人工炭酸水:逆浸透膜でろ過された精製水や純水に後から炭酸を加えた炭酸水

ウィルキンソン タンサンなど

日本では人工炭酸水が一般的

日本の炭酸水は人工で水に二酸化炭素を溶かしたものが一般的です。ですが一部の地域でしか採水することが出来ないですが天然の炭酸水もあり、水が汲み上げられる時にすでに二酸化炭素が溶け込んでいて、手を加えていないのにシュワシュワとした炭酸になっています。天然の炭酸水が流通することはほとんどありません。すっきりした味わいのためお酒を割るときに最適になります。

炭酸水の効果と種類についてみてきましが、意外と炭酸水っていいかも!って思った方もいますよね。ですが、みんなにオススメというわけではありません。

要注意!炭酸水をオススメ出来ない方

お酒の代替品としてはありですが、逆流性食道炎などの症状が出る方にはオススメできません。

炭酸の刺激が胃酸の分泌を促進してしまうため、避けた方がいいでしょう。他にもナトリウム摂取を控える必要がある方もミネラルウォーターなどの炭酸水の飲みすぎに注意しましょう。

まとめ

今日は炭酸水についてまとめてみましたがどうでしたか?お水の代わりに「炭酸水」を選ぶのはありだと思いますが、炭酸水だけに頼ってダイエット効果を期待することは辞めましょう。また、普段からお酒を飲む習慣があり、休刊日を作りたいと思っている方としての代替えとして飲むのはありだと思います。いろんな種類の炭酸水が出ているので自分好みのものを選んでみましょう。また、あくまでも炭酸水は胃が弱い方にはオススメ出来ないので注意が必要です。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事