スポンサーリンク

あなたはラーメン好きですか?ダイエット中だって、ラーメンが食べたい時はありますよね。そんな時はラーメンを食べましょう。その方が、結果的にダイエットはうまくいきます。

ダイエットの成功の秘訣は、無理なく食事を楽しむか。とにかくストレスを溜めないことが大切です。ラーメンが大好きな方に向けて、今回はラーメンを楽しく食べる工夫をご紹介します。

この記事を読んでくれている方はダイエットやボディメイクに励んで頑張っている方が多いのはないでしょうか。ストイックになりすぎて極端のダイエットをしてしまうと冷えに繋がりやすく、温かいものが食べたくなります。そんな時こそラーメンを食べたくなるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ラーメンが太りやすいと言われる理由は?

ラーメンスープの脂や食塩は交感神経を高めます。酷く疲れたなぁと感じた時はやる気を出してくれます。ラーメンの麺は炭水化物なので、スムーズに活力になってくれます。

ラーメンが太りやすいと言われる理由には糖質・食塩・脂肪の偏りが大きいからです。

お店にもよって変わりますが、ラーメン1食あたりのエネルギーは6001000kcal程度、糖質は60g前後、食塩47g程度です。健康な人であれば、週に1回程度ならば食べても問題ありません。ラーメンを食べた日の夕食は、ご飯など炭水化物を控えたり、野菜中心の薄味の食事にするなど調整をすれば大丈夫です。

ここで気を付けてほしいのが飲み会後の締めのラーメンやインスタントラーメンをいつもストックして食べていると言った食べ方は、太りやすくなります。

麺類はどうしても炭水化物の糖質、スープの食塩、脂肪の量が多く、野菜やタンパク質が少なく偏りやすくなります。糖質・食塩・脂質は内臓にも負担をかけるので、年齢とともに代謝が難しく、太りやすくなります。

ラーメンを食べる時のポイント5つ!!

1. 具なしラーメンではなく、チャーシューか煮卵をトッピング

食物繊維と同様にたんぱく質や脂質は先に食べておくと麺の血糖値の急上昇を抑えてくれます。さらに野菜と一緒に食べ合わせると最強です。

どうせ食べるなら、いつもより贅沢に、チャーシューや煮卵をトッピングしてみてはいかがでしょうか。

2. 野菜はたっぷりと。薬味を利用しよう!

麺と同量の野菜やタンパク質を先に食べると糖質のバリアになってくれます。特に野菜のいいところは、余分な塩分を体外に排出する働きがあります。キャベツ、もやし、白菜、人参、ねぎ、にらなど何でもOKです。また、ねぎ、にら、にんにく、ごまなどの薬味を使うことをおすすめします。よくお店のカウンターにセルフサービスで置いてあったりしませんか?うまく利用しましょう。

3. 水かお茶は必ず飲む

ラーメンのスープは食塩の量が多く含まれているため、血管に負担をかけます。食塩の濃度が高いと喉が渇くので、どんどんスープが飲みたくなりますよね。飲みすぎを防ぐポイントとしては、常温か温かいお茶を飲みこと。氷がたっぷり入ったお水ですと体を冷やす原因になるので注意が必要です。

4. スープは控えめに

ラーメンが大好きな方はスープを飲んでこそラーメンと思う方がいますが、味わいながら食べる分には問題ないですが、最後の一滴まで全部飲み干すのはやはり量が多すぎます。スープは控えめに心がけましょう。

5. ラーメンを食べるタイミングは?

我慢しないで食べていいとは言え、ラーメンを食べるタイミングが重要です。

一番おすすめなのは休日のお昼です。のんびりとした休日のスタートとなるお昼が最適。買い物やレジャー、外出など活動する予定の前に食べれば、ラーメンのエネルギーを有効に消費できます。週1回のご褒美として楽しむのはいかがでしょうか。

それでもやっぱり夕食の時に食べたい!という方もいますよね。そんな時は20時までには食べ終わり、ゆっくり湯舟に浸かりましょう。寝る4時間前までには食べ終わるのがベストです。

まとめ

今回はラーメンが大好きな方に向けてまとめてみましたがどうでしたか?いくら健康に良い物を食べていても、それがストレスになって食べる楽しみをなくしてしまっては意味がありません。大好きなラーメンを我慢しすぎて、いつの日かストレスが爆発して夜中にラーメンを食べる!なんてことにならないように気を付けましょう。しっかりとメリハリをつけることも大事です。ラーメンを食べるには自分へのご褒美にしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事