スポンサーリンク

有酸素運動とインナートレーニングといった比較的負荷の軽いトレーニングを適切に続けることで美しいボディラインを作り上げることは可能です!

限られた時間、体力の中で効率的にボディメイキングを行うための有効策である、有酸素運動とインナートレーニングを駆使してボディメイキングをおこなっていく方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

有酸素運動とは

ジョギング
出典;クラウドフロント

そもそも有酸素運動とはどういったトレーニングなのでしょうか。

有酸素運動とはざっくりいえば長時間の持続運動です。

人は長時間運動を続けるとそのエネルギー源として体の体脂肪を分解、燃焼させます。

その際に大量の酸素が必要となります。
その酸素を体内に取り入れながら体脂肪を燃焼させることこそが有酸素運動なのです。

本当はもっと細かい体のシステムで成り立っているのですが小難しい言葉もでてくるのでこんな風に理解していただければ大丈夫です!

酸素を取り入れながらするトレーニングということは息を止めるような激しいトレーニングではなくしっかりと呼吸をしながら行うトレーニングが有酸素運動です。

つまり会話しながらできるくらいのペースのジョギングやウォーキングがそれにあたるわけです。

効果的な有酸素運動

ボディメイキング、ダイエットを効果的に進めていくためにどのように有酸素運動をメニューに組み込んでいけばよいのでしょうか。

まず抑えておかないといけないことは時間です。

最低でも20分間以上の持続的な有酸素運動が脂肪燃焼を効果的に進めていくためには必要です。

20分間以降に脂肪がより燃焼されていきます。

個人差があるので私はいつも最低でも40分以上はこの有酸素運動にトレーニング時間を費やすように勧めています。

もちろん前半の20分間にも効果はありますが40分間以上行うことで効果的な脂肪燃焼の時間を確保することができます。

会話できる程度の低負荷のペースでしっかりと汗を流すことを忘れないようにしましょう。

厚着をするなどひと工夫加えることでより効果をあげることができますよ(^^)

メニューの組み込み方

 

有酸素運動をトレーニングの頭に持ってくるパターンと締めに持ってくるパターンの2つがあります。

有酸素運動はじっくりと時間をかけて体を温めてくれるためウォームアップにも非常に適した運動です。

また、締めに行った場合は溜まった乳酸を分散させてくれるので回復力の向上につながり疲れが残りにくくなります。

どちらとも良い効果が得られますので自分に合ったものを選択していただければよいと思います。

何か他のトレーニングと組み合わせる際はこのように頭か締めに有酸素運動をメニューとして組み込んでみてはいかがでしょうか。

基本的に有酸素運動自体は上述したとおりで問題ありません。

ジョギングだけに限らず、サイクリングマシン等を使って体に刺激を与えていくようにしましょう。

インナーマッスルとは

チューブトレーニング
出典;amazon

インナーマッスルとは体の奥の部分に存在する深層筋という筋肉の事を指します。

チューブを使ったトレーニングや体幹トレーニングがインナーマッスルを鍛える代表的なトレーニングです。

特に呼吸筋(お腹周りのインナーマッスル)はくびれを形成する上で大きな役割を担っておりボディメイキングでは欠かせないインナーマッスルのひとつです。

体中に存在するインナーマッスルですがボディメイキング、ダイエットを目的とする上ではまずこの呼吸筋をトレーニングしていきましょう。

効果的なインナートレーニング

これはすべてのトレーニングにおいても言えることですが正しいフォームで行うことがインナーマッスルトレーニングでは重要です。

インナーマッスルは大きな筋肉と違って筋肉の動きを感じながらトレーニングをするのが難しいのでしっかりとしたフォームで行ってあげなければいけません。

呼吸筋のトレーニング

ヨガ
出典;クラウドフロント

呼吸筋はその名の通り呼吸をするときに使う筋肉です。

ヨガなどでよくみられる呼吸トレーニングにより呼吸筋を発達させることができます。

一時期ロングブレスダイエットが話題になりましたね(^^)

場所も問わず、体力的にも時間的にも非常に効率的なインナートレーニングなのでおすすめです。

数多く種類はありますが、まずは一種類からはじめて呼吸筋を使う感覚を掴んでみましょう!

参考動画

まとめ

今回は有酸素運動とインナートレーニングを駆使してボディメイキングをおこなっていく方法を紹介しました!

負荷の軽い決して激しくないトレーニングでもしっかりとボディメイキングは行えるということをわかっていただけたでしょうか。

時間や体力的に余裕がない人もまずははじめてみてください(^^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事