スポンサーリンク

突然、とにかく甘いものやしょっぱいものを食べたいという気持ちになることはありませんか?ストレスがたまったり、生理前だったり、たまに「甘いものが食べたい!」と思うことありますよね。

そんな時、勢いに任せて、必要以上に食べてしまって後悔する、なんてこと何回か経験ある方も多いと思います。でも、そもそもなぜ特定のものが急に食べたくなるのでしょうか?それにはちゃんとそう思う原因があります。もしかしたら体からのSOSかもしれません。

体に不足している栄養素をとりいれましょう!

スポンサーリンク

なぜ、特定の食べ物を欲してしまうのか?

実は「〇〇が食べたい」という衝動は、自分の体に不足しているものを教えてくれている大事なサインです。食べたいものから自分に何が足りないのかが見えてきます。単に食の好みの問題では・・・?と思っている方も多いのではないでしょうか。特にダイエットやボディメイクに励んでいる方にはぜひ知ってほしいです。体が欲しているものは何を表しているのかを具体的に、暴飲暴食しそうな時の対処法を紹介していきます。

チョコレートが食べたい!

マグネシウムが不足している可能性があります。マグネシウムはカルシウムとバランスを取りながら体の機能を陰から支えるミネラルのことです。特に女性では生理前に食べたくなることが多いのが特徴です。また、疲労がたまっている時や不安な時にも食べたくなるかもしれません。チョコレートも少量であれば問題はありませんが、やはり糖分が多いので食べすぎに注意が必要です。マグネシウムを補うためにおすすめなのが、ナッツ類やほうれん草、ごま、海藻類を積極的にとるといいでしょう。

甘いものが食べたい!

疲れた時は甘いもの・・・とにかく甘いものが食べたい時は糖分が不足していると思われがちですが、実は糖分ではなくタンパク質が不足しているのかもしれません。意外ですよね。タンパク質が不足するとセロトニンという脳内物質も不足し、体が糖度の高いものを欲するのです。

こういう時こそタンパク質を補ってあげることが必要です。豆乳や大豆製品、赤身のお肉やお魚を補給してあげることで素早くエネルギーチャージになります。

脂っこいものが食べたい!

揚げ物や高カロリーなジャンクフードが食べたい時は、カリウム不足かもしれません。カリウムは食塩の摂り過ぎから起こるさまざまな影響を未然に防ぐ今の私たちには強い味方になってくれるミネラルのことです。ブロッコリーやアボカド、納豆などのカリウムを多く含む食品をとりましょう。

コーヒーが飲みたい!

疲れてコーヒーを飲みたい!そんな場合は、鉄分が不足しているのかもしれません。鉄は元気の源となる酸素を全身に送る働きを持っています。鉄分不足が起きるとより疲れやすい体になり、さらにコーヒーが飲みたくなります。コーヒーには鉄分の吸収を阻害するので、貧血気味の人には食事の前後に飲むのはあまりおすすめできません。代わりにおすすめしたいのは、鉄分が豊富に含まれているほうじ茶や玄米茶、番茶などです。

炭酸飲料が飲みたい!

炭酸飲料を飲んですっきりしたい!と思う方もいますよね。その場合カルシウム不足の可能性があります。カルシウムはみなさんご存じの通り、丈夫な骨をつくるのに欠かせないミネラルですよね。他にも、血液の状態を正常に保ち精神を安定させる働きもあります。

炭酸飲料は骨からカルシウムを濾しとり、カルシウムを吸収することで、もっと炭酸飲料がほしくなるという悪循環に陥ります。飲みすぎに注意して、小魚、ブロッコリーやチーズ、ごま、海藻類でカルシウムを補ってあげましょう。

最近の食生活を振り返ろう

〇〇が食べたい!と暴飲暴食をしてしまうとあとで後悔してしまいがちですよね。〇〇が食べたい!という感情がある時は自分の中で普段の食生活を振り返ってみてください。仕事が忙しくて、食事は適当に済ませていたな、外食続きになっていたなともしかしたら色んな気付きがあると思います。そういう時こそ食生活を見直すチャンスです。体からのSOSに気付くことが一番大切です。

まとめ

以上、5つ挙げてみましたが、どうでしたか?「○○が食べたい!」という衝動にはちゃんとした原因があったのです。自分の体に足りないものに気付いてあげて、その足りないものをちゃんと補給してあげましょう。普段からバランスのとれた食生活を送ることは大切です。「〇〇が食べたい!」と思った時はこの記事を思い出してもらえると嬉しいです。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事