スポンサーリンク
もんまんさんのダイエット体験談です。
欲求を抑える方法、欲求は5分でなくなる。

「止まない雨がないのと同様になくならない食べたい欲求はないのだと確信」というのが金言ですね!

BODIET 編集部

小さい頃から痩せ型で。体重のことなど気にしたこともなかったのですが、代謝が落ちてきたためか、中年になり徐々に脂肪が蓄えられていき、食べる量は変わらないのにも関わらず、気づけば85kgとなっておりました。ちなみに30代中盤の身長175cmです。健康診断ではメタボ予備軍の烙印を押され、会社の同僚からも、腹を突かれ「だいぶ、やばくなってきたんじゃないの?」と冷やかされる始末で、実際、食事後お腹がきつくなり、少しの間ズボンのボタンを外したり、ベルトを緩めてあげたりしてしのいでいました。

しかし、見た目にも、あまりよろしくないので、真剣にズボンの、買い替えを検討するようになっていきました。全てのズボンを買い替えるとなると、出費がかさみます。また、サイズUPすることで、お腹に余裕ができると、さらなるサイズUPにつながる危険性を感じ、一念発起して、ダイエットすることにしました。


最初は、周りのダイエットの先輩方に相談し、豆腐のみダイエット、サラダのみダイエット、ヨーグルトダイエットなど試してみたのですが、効果はイマイチ、それよりもストレスにさらされ食事が楽しくなくなりました。豆腐の場合キムチや塩昆布を、買っておいたりして、飽きたらまた調べて海苔やラー油を買いに行き、サラダの場合ドレッシングを工夫したり、ヨーグルトにはジャムやきな粉など、準備にも気を取られ、費用対効果はあまり良くありませんでした。運動は大事な事だとは思いますが、ダイエット効果はたかが知れている感じがしました。ジムにも通い汗も流したのですが、決定打にはならず、おそらく疲れ果てるくらいしないと短期間でで目覚ましい効果は出せないのだと、悟りました。それでは日常の、仕事に支障をきたします。

そこで、もともとズボンの買い替えの出費を渋ってダイエットを始めたことを思い出し、気にしながら食べるよりもと考え思い切って1食抜くことにしました。そうすれば一日500円。1ヶ月で約15000円の節約に繋がります。私の場合、試行錯誤の末、昼御飯を抜くことにしました。しばらくは、昼食の時間何をしたらいいのかわからず、時間を持て余していました。周りの同僚が美味しそうに食べているのを見たり、美味しそうな匂いを嗅ぐと食べたい衝動にかられてしまいました。
しかし、色々と読んでいたダイエットの本の中にあった「欲求は5分我慢すれば、減少していく」といった内容の言葉を思い出し、とにかく5分我慢しました。するといつのまにか食べたい欲求がどっかにいってしまっていました。

止まない雨がないのと同様になくならない食べたい欲求はないのだと確信しました。もちろん限界はありますが1食くらいならなんとかなります。そして、胃が小さくなったのか、食べたい欲求に悩まされることもなくなり、自然に1食抜けるようになったのです。6ヶ月経過する頃には、なんと、マイナス12kg!適正な体重に、近づきました。今でも適度な運動と昼抜きは続けています。たまに自分へのご褒美として高価な夕食を食べていますが、特にリバウンドもなく、現在に至ります。無理せずできる範囲で続けていくことで、成果を手にできました。節約もでき、ズボンの買い替えもせず、周りの反応もよく、頑張って良かったと思いました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事