出典ルームクリップ
スポンサーリンク
出典ルームクリップ

出典ルームクリップ https://roomclip.jp/tag/136×5483

実際にダイエットや健康のためにトレーニングをしようと決意してもすぐに始めるのは難しいですよね。

仕事が忙しい、家事に追われている、子供の面倒をみなければいけない、、、理由はひとそれぞれあると思います。

私自身トレーニングジムでトレーナーを勤めていたころ、多くの会員さんがこういった理由で退会されていきました。

やるぞと思い立って始めるのは簡単ですが、ダイエットやトレーニングにおいて最も重要な継続するということが難しいのです。

結局は自分の生活習慣にマッチしたトレーニング方法を見つけることが大切です。

そこで今回はジムに通う、外でトレーニングするのが難しい方のために自宅でできる自重スクワットトレーニングを紹介します!

スポンサーリンク

1.自重スクワットの効果

特になにか準備する必要もなく自宅で始められるトレーニングとして最もおすすめするのは自重スクワットです。

細かなポイントは知らなくてもスクワットがどのような動きかはある程度イメージできると思います。

スクワットはコンパウンド種目と呼ばれ、一度に複数の部位を鍛えることができるトレーニングです。

特に大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングをメインとなりますが、脊柱起立筋、腹筋にも効果があります。

筋肉の名称は難しいのでなんとなく場所だけ覚える程度で構いませんよ!笑
スクワットという種目は多くの筋肉を使うわけです。

人間の基礎代謝の約20パーセントが筋肉の燃焼によるものなので筋肉量が増えることにより太りにくい体を作り上げることができます。

そしてスクワットで鍛えることのできる筋肉はその他のトレーニングにおいても非常に重要となる部分なので最初に鍛えるにはもってこいというわけです。

2.自重スクワットのポイント

出典Naver

出典Naver https://matome.naver.jp/odai/2147731699587049401

まず抑えてほしい所はスタートポジションについてです。

・足の幅は肩幅より少し狭いくらい(腰幅と考えるとわかりやすいかもしれません)
・つま先は内に入ったり外に開いたりしないでまっすぐ向ける

続いて実際にスクワットの動きの中でのポイントです。

・腰は曲げずに股関節から動かす
・太ももが地面と平行になるところまで下げる(種目によってはそれより下げる)
・目線は斜め上をみる

以上がスクワットの簡単なポイントになります。
まずはこのポイントだけ抑えて挑戦してみましょう。

All About 公式 YouTube チャンネル
正しいスクワットのやり方 ~ 【動画】1日5分で効果絶大!正しいスクワットのやり方~

3.まとめ

自宅でできる自重スクワットトレーニングを紹介しました。

特に準備もいらず簡単に自宅で始められるものなので初心者の方におすすめです。

今後のトレーニングにも繋がってくる効果抜群のトレーニングなのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事