スポンサーリンク

いろいろなダイエットをこれまで試してきましたが
短期間で即効性のあったダイエットを今回ご紹介します。

それは「置き換えダイエット食」です。

スポンサーリンク

置き換えダイエット食とは

置き換えダイエットとは1日1~3食をダイエット食品に置き換えて食事をすることをいい、よくあるのは粉末をお湯に溶かしてスープにしたり、水や牛乳に溶かしてジュースのようにしたものが多いです。
私が試したのは、スープはかぼちゃやコーンスープ味のこっくりしたもので、 ジュースはチョコレート味や抹茶味などです。

置き換えダイエットをしたキッカケ

ファッション誌の最後のほうのページに
必ずダイエット食品の広告ページってありますよね。
私はあの体験談を読むのが好きでした。

「失恋を機にダイエットして、痩せてキレイになって今では素敵な彼ができました!」
や、「今では洋服選びが毎日楽しいです!」など。
そして体験者様のbefor&afterの写真つき。

読むだけでモチベーションの喚起と成功イメージができるので
購買意欲がそそられます。

そんなこんなで、ダイエットにくじけそうなとき、
よく置き換えダイエットをしていました。

どのように行ったか

私の場合、
朝昼は普通に食べ、夜は置き換えというルールにしていました。
ルールが明快なのと、お手軽なので、
空腹さえクリアできれば、カロリー計算よりもずっと簡単に始められます。

また、置き換えダイエット食は、一食200mlほど、カロリーも200kcal以下がほとんど。
量もカロリーも少ないのです。

なので、1食置き換えるだけで、その後のおなかの張り具合が違います。
(腹筋がないからなのか、食べた分だけおなかが出ます)
量が少ないから当たり前なのですが、
このわかりやすい「おなかが苦しくない」、「体が軽い」ということが
気分をよくしてくれます。

置き換え食を続けるポイントは
必ずその広告ページを見ながら食べること。
これがポイントです。

「今まさに食べているこれをちゃんと食べ続けるとこうなるんだ」
というのを脳にインプットしながら、未来の自分をイメージしながら食べます。
成功体験をおかずにごはんを食べるのです。
そうすると気持ちが満たされるので、空腹もまぎれます。

最初は口さみしいかもしれません。
しかし、3日ほどすると、胃が軽いことで体調の良さを感じます。
翌日も朝ごはんが楽しみで目を覚まします。
(私は朝ごはんを夢に見るほどでした)
体重も3日で0.7kg〜1.0kgほど減ることも可能です。
流れができてくれば、置き換えは楽になってきます。

そのようなやり方で、わたしはこの置き換えダイエットを、3〜4ヶ月のダイエットの中でスポット的に集中して実行することで
2週間で2キロくらいの減量を2回ほど成功させました。

今回は2週間厳密にやる方法をご紹介しましたが
食べ過ぎた翌日の夕食を置き換える、など
リセット食として活用するのもおすすめです。

まとめ

理想はバランスのとれた一汁三菜を食べることと運動です
色々やるのは面倒くさいしやる気がおきない、という方におすすめです。

世の中にはたくさんのダイエット方法が紹介されていますが
自分にあったダイエットを探してみてくださいね。

あかねさんの執筆している記事があります。

無事ダイエットを成功させたあかねさんですが、現在は管理栄養士になり、当サイトでも記事を執筆しています。ダイエッターの気持ちもわかり、また栄養のプロとして多くの方へ健康的にダイエットができるよう自身の体験を含めた記事を執筆中、是非チェックしてくださいね。

これ以外にも下記URLからあかねさんの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事