Skitterphoto / Pixabay
スポンサーリンク
50代女性が15Kgの減量に成功!!!
65㎏から50㎏に、実際にどのような方法で痩せたのか!?まゆみさんがダイエットに取り組む際に、最初にやり始めたことをご紹介して下さいました!
BODIET編集部 SHOKO

私個人の経験から、確実に言えるのは単なる体重減少を目標として、食事制限だけでは確実にダイエットは失敗するということです。私のダイエットは、65キロから50キロ台までの約15キロを減量に成功し、お腹まわりの脂肪も落としました。

そこで、まず何からダイエットは手をつければ良いのか、詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

自己流ダイエットが効果が低い理由

一番私が勘違いしていたのは、体重管理をせずに無理な運動を始めたことです。ジョギング、週末の運動も続けましたが、50歳の私にはちょっと負担が重すぎました。また激しい運動後、しばらくして数日後には体重は減るのですが、その後減り幅が非常に少なくなるのが不思議でしたね。調べるとそれは、筋力を使ってエネルギーを消費しているが、その分、また次のエネルギー補給、つまり1回の食事に関して、全部それが運動のための栄養として一時的に体内に蓄積していたとわかったのです。

運動するにはある程度カロリーが高い食事が必要で、また体を休めているときは、食事をしても運動後の食事量はあまり変わっていなかったのです。そこで、筋肉トレーニング専門のサイトを色々調べた結果、意外な事実がわかりました。それは、非常に簡単で誰でも出来ることだったのです。

すべては体重計が基本!

ボクシングの選手が頻繁に行っているのは、実はトレーニング以上に日々の体重管理がとても短期間でストイックに管理されていることです。例えば、水を飲んだ場合、普通は汗をかくから、汗の分を補給すれば良いと考えがちです。しかし、人の体は細胞の水分量が減ると、血液中の水分を腎臓で取り出して使うために、実は尿が頻繁になります。つまり、飲んだ水はすぐに汗になるわけではないのです。汗をたくさんかいた時、その直後に測った体重と、運動をする前の体重を図ってみましょう。恐らくコップ1杯の重量も減ってないはずです。つまり、人の体重は「食べたり飲んだりした以上に体重が大きく変わることは無い」というのが本当なんですね。

私が最初に実践したのは、とにかく頻繁に体重計に乗ることからです。朝起きたら体重計に乗り、それを記録し、朝食後に体重計に乗ります。朝一番のトイレ後、ちょっと汚いですけど、排便後もキッチリ体重を測ります。これを1日食事の度、食前と食後とトイレを終えたら必ずやると決めました。すると、食事でご飯1杯をほんの少し少なくすると、翌日の体重はその分だけ、キッチリ減るのがわかったのです。

大事なのはカロリーではなく、摂取量

一番大事なのは、自分の1日の消費カロリーの方であって、摂取するカロリーではありません。そもそも完全に自分からエネルギーが失われれば、人は死んでしまいます。つまり、食べなくても、人の体は体内の血液中の養分を使って体を維持しているのです。問題はこの体の細胞が必要とするカロリーの大きさです。それを把握するには、食べたものが、どれだけ消化され、今どれだけ体内に残っているかを把握する必要があるのです。つまり、自分の必須エネルギー量ですね。体重計に頻繁に乗るというのは、実はこうした自分の消費能力を目でわかるために必要なのです。

体重計による体重管理効果

例えば、消化に時間がかかる食べ物は、翌日の排便時間と頻度でわかります。例えばパンなどの小麦粉を使った食品は、消化が早そうですがパンだけそのまま食べる人は少ないでしょう。また、あまり噛まないでも飲み込めるので、必ずしも消化が早いわけではありません。また、空気を含んでいるので、どうしても必要以上に食べてしまいます。これは、一般的なお餅も同様です。パンもお餅もよく練ってあるので、量が少なくても糖分は非常にたくさん摂取してしまいます。一般的な切り餅1個で、ご飯お茶碗1.7杯から2杯分相当です。むしろ、うどんやスパゲティは、加熱処理し水分を含んでいるため、多少少なくても腹持ちします。それでいて消化も早くてダイエットに効果的だと知ったのも、やはり体重計で測った結果です。

Pexels / Pixabay

非常に簡単なので、効果絶大

「体重計に乗るだけで、ホントに痩せられるの?」と最初は懐疑的でしたが、食べた分は必ず体重が増えるとわかると、そこから普段の食事の量全体を見直し、ご飯はほんの少し、おかずは全体的に1割減、2割減としていきました。1日10グラム程度の削減でも、1年続けると確実に3キロから4キロ減りますし、1日50グラムを削ると更に大幅な減量ができます。元々はボクサーの減量方法からヒントを得た方法でしたが、その効果は本当に絶大でした。

StockSnap / Pixabay

まとめ

日々のカロリーを気にしながら、計算機片手に面倒なカロリー計算をしていると、ものすごく面倒で、私は長続きしないと直感でわかってたので、最も最初に考えたのが、体脂肪を落とすよりも、まずは無理のない食事制限をどうやるか?でした。この方法は他の人にも紹介したりして、なかなか好評を頂いてます。ダイエットのやり方がわからないという方は、是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事