スポンサーリンク
お金をかけずに誰でもすぐに始めやすいダイエット方法をご紹介!
白湯がダイエットや体に良いことはなんとなく知られていますが、その効果とは!?
実際に白湯で1ヶ月-2Kgのダイエット成功をされた方のお話です!
BODIET編集部SHOKO

白湯ダイエットはご存知ですか?

テレビやネットでも話題になり、芸能人の間でもブームになりました。

女優の深田恭子さんも白湯ダイエットに挑戦され、13kgものダイエットに成功されたそうです。

白湯によるダイエット効果はとても高いだけでなく、方法もすごく簡単なんです。

私の体験談もふまえ、気になる白湯ダイエットについて詳しくご紹介したいと思います。

白湯ダイエットとは、白湯(40〜50度)を飲むだけでダイエット効果があるダイエット方法です。

ダイエットといえば、特別な食材などを買ったり、筋トレなどの器具を買ったり、

とお金もかかるイメージもありますが、白湯ダイエットはその心配がないのがいいですね。

私が始めようと思ったのも、お金がかからず、手間もかからず、簡単にすぐできるというのがきっかけでした。

スポンサーリンク

白湯ダイエットの方法

①ミネラルウォーター(もしくは水道水)をやかん(鍋)で沸騰させる。

②沸騰させたまま10分程度そのままにする。

③飲める温度に(40〜50度)なるまで待つ。

④できた白湯を10分くらいかけてゆっくり飲む。

この白湯を朝起きてすぐに飲みます。それ以降は1日に2リットルを目安に飲むようにする。

夜寝る前にもコップ1杯程度飲む。

たったそこれだけなんです。簡単にできそうじゃありませんか?

白湯がダイエットにもたらす嬉しい効果とは?

基礎代謝をあげる

基礎代謝とは、運動など何もしなくても消費するカロリーの事で、ダイエットにものすごく重要なキーワードなんです。

基礎代謝が高ければ高いほど、痩せやすい体質と言えます。

たくさん食べているのに痩せてる人っていますよね。そういう人は基礎代謝が高い人が多いです。

ただ残念ながら、この礎代謝は年齢とともに自然と落ちてしまうんです。

ですが、諦めないで下さい。

白湯を飲むと、この基礎代謝を上げる事ができるんです。

白湯を飲む事により、内臓は温まります。内臓が1度温まると、約13%も基礎代謝が上がります

簡単に言うと、白湯を飲むと痩せ体質になれるという事です。

便秘の改善

女性で、便秘に悩む人は多いのではないでしょうか。

私も便秘には長年悩まされ、ヨーグルトやコーヒー、プルーンなど色々試しましたが、ダメでした。

自分に合った乳酸菌を探す為に、全種類のヨーグルトを食べたんじゃないかなと思います。

それが、白湯を飲む事だけで、あっさり解消されました。

便秘の原因は主に水分不足です。

水分をしっかり摂ることで、便秘の改善にも繋がります。

消化促進効果

水分を摂る事で、消化機能が活発になるだけでなく、デトックス効果もあります。

水分を摂り、排出をする事で、体の中のいらない物も排出してくれ、結果的にむくみの改善にもなります。

白湯を飲むだけで、様々なダイエット効果を得られるがわかりますね。

白湯ダイエットを行う際の注意点

ダイエット効果があるからと、飲めるだけ飲む!という無謀な事はダメですよ。

何でもそうですが、摂りすぎはよくありません

白湯ダイエットの注意点は、食事中は避けることと、夕方以降は最低限の量にすること

コップ1杯程度なら問題ありませんが、飲みすぎてしまうと、本来の消化器官の邪魔をしてしまいます。

夕方から夜にかけて水分を摂りすぎると、むくむ原因になります。

むくみはそのままにしてしまうと、脂肪に変わってしまいます。

私が白湯ダイエットをした結果は?

私は、1日に2リットルを目安に毎日飲みました。

2週間経った頃、体重には変化は無いものの、見た目がすっきりしてきたのが自分でもわかりました。

多分、むくみが改善されてきたんだと思います。知り合いに「なんか痩せた?」と言われたのもこの頃からです。

そして1ヶ月経った頃、体重にも変化が現れてマイナス2kg減っていました。

食生活は何も変えてなく、ただ白湯を飲み続けただけです。

まとめ

白湯ダイエットは、すぐに劇的な効果があるわけではありません。

ですが、続ける事で確実な効果はあります。

ダイエットにストレスは禁物です。無理なく、ストレスを溜めずに続けることがダイエットには1番の近道だと私は思います。

夏などの暑い時期に白湯を飲むのは、ちょっときついかもしれません。

無理はせず、冷たいものを食べたり飲んだりした後は白湯を飲んで内臓を温めよう!と意識を変えるだけでも違いますよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事