公式インスタグラムより引用https://www.instagram.com/shell.jay/?hl=ja

栗原ジャスティーンさんは、ワタナベエンターテイメント所属の“ライフスタイルモデル”という日本では徐々に知られてきたSNS発信を主とする職業。

TV番組“深イイ話“で特集を組まれ、多くの人に知られるようになりました。

世界80カ国で出版される女性誌や大手企業の広告モデルにも抜擢されるなど、素晴らしい活躍をされています。栗原さんの生活のほとんどを占めているのが、ジム通いと言われるほど、ストイックに身体を鍛えています。

オシャレな生活を発信する職業ということもあり、SNSにあげられる栗原さんの食生活、美容、ファッションに憧れる女性が日々増え続けています。

栗原ジャスティーンさんのPV

では、栗原ジャスティーンさんのプロフィール、彼氏はいるのか、トレーニング法、鍛え方、画像、動画をご紹介します。

栗原ジャスティーンのプロフィール

名前 栗原ジャスティーン(くりはらじゃすてぃーん)
身長 170cm
体重 53kg
国籍 アメリカと日本のハーフ
誕生日 1988年10月2日
職業 フィットネス、ライフスタイルモデル

アメリカ人とのハーフということで、高身長で細身という抜群のスタイル。お兄さんのシェレン・イースン裕太さんの影響でトレーニングを始めたそうです。そして、兄弟そろってベストボディジャパンの優勝経験があります。

栗原ジャスティーンのライフスタイルを参考にしたいという方が多数いる

ライフスタイルモデルということもあり、まるで雑誌を見ているような女性の憧れを表現した投稿が多い栗原さん。

トレーニング投稿だけでなく、美容法もフォロワーにわかりやすいよう紹介しています。

栗原さんは、「流行りが自分に合っているとは限らない。自分の長所を大事にして、生まれ持った個性を磨くことでより魅力的になる」という、素敵な精神論があり、それに共感する女性が多くいます。

栗原ジャスティーンに彼氏はいるのか

栗原ジャスティーンさんは、ご結婚されています。旦那さんは、プロのアメリカンフットボール選手の栗原 嵩さん。学生時代にアバクロのオープニングスタッフのアルバイトで知り合い、旦那さんの猛アタックの末お付き合いが始まり、ご結婚されたそうです。

出演された“深イイ話”で夫婦揃って朝9時から20分の瞑想、スクワットをしているというトレーニング好きの仲良しご夫婦です。

栗原ジャスティーンの経歴

2015年 ベストボディジャパン東京大会 グランプリ
2017年 JBBF フィットネスビキニ大会 6位

現在under armorのスポンサードを受けております。

栗原ジャスティーンのトレーニング・鍛え方

このトレーニング動画は、ジムにあるトレーニング道具をどのように使って栗原ジャスティーンさんが鍛えているのかがまとめられた動画です。

15分でできるお尻のホームエクササイズを紹介。

View this post on Instagram

 

今日は身体力測定 ウェイト編🌟✨ 前回は動きで今回はウェイト!! 105kgスクワットも95kgデットリフトも挑戦した事がない重さだったのですが、上がった!!😳🌟✨ 今回の測定で身体が強くなっただけではなくメンタルが強くなったのが感じれました😝✨ あと前より集中力もついたように感じた🐚✨ 3ヶ月後絶対に絶対にもっと進化するんだ!! 目指せ!強くてSEXYな女性💓✨ @underarmourwomenjp #測定#頑張った#スクワット#デットリフト#パワー#アンダーアーマー#iwill#underarmour #fit#fitness #squats #training

🦋Justine Kurihara 栗原 ジャスティーン🦋さん(@shell.jay)がシェアした投稿 –

身体力測定でウェイトする動画。とても30歳とは思えないです。

 

栗原ジャスティーンの画像まとめ


ファッションも美貌も人気の高い栗原さん

View this post on Instagram

 

サーキットトレーニングなどをしてから更に下半身の自主トレ🍑✨ 最近凄く感じるのは、自分の性格や身体の事をよく知る事が大事。 知り合いのあの子がやっているから、流行っているからって自分にそれが合うとは限らない。 自分の性格を知り、トレーニングのペースを組んだりして、自分の長所を伸ばすことにフォーカスする。 私が思うに元からの得意な事ってその人の個性なんだと思う。 だからそれが流行ってるかどうかなんて関係ないの。 それがなんであろうか自分の長所を伸ばすことにフォーカスをする。個性を磨く事でその人の魅力となるの✨ 知り合いが自分の長所を伸ばしているのをみて同じようにマネしなくていいの。マネをしている時点で自分はその人にフォーカスをして地に足がついていない状態になってしまう。 大事なのは自分にフォーカスする事。 自分にフォーカスが出来ると地に足がついて自信に変わっていくよ💓 トレーニングとは関係ないけど、私はずっと二重の幅が広いクッキリ二重に憧れてたの🤣 でもね、それって人のマネをしたがっていただけで、それは私の個性ではない。大事なのはこの腫れぼったいまぶたを逆に活かして個性にする事なんだろうなって💛💛💛 そしたら、意外と雑誌とか見てても腫れぼったいまぶたの方が少なくてこれって貴重なんじゃん💓って思えるようになった!! #私が伝えたい事#自信#フォーカス#アンダーアーマー#un#iwill#fit#fitness #筋トレ#筋トレ女子#尻トレ

🦋Justine Kurihara 栗原 ジャスティーン🦋さん(@shell.jay)がシェアした投稿 –

サーキットトレーニングなどをしてから更に下半身の自主トレ。 最近凄く感じるのは、自分の性格や身体の事をよく知る事が大事。」と言う栗原さん。

 

細身ながらも鍛えられた無駄のないシルエット。

 

 

なりたい自分を想像してそれに向かって努力している栗原さん

2017年初めて挑戦したフィットネスビキニの大会で6位を獲得した栗原さん。

アメリカの雑誌MAXIM のカバーガールを決めるコンテストに出場。

自分の目標に向かって1秒も無駄にしない栗原ジャスティーンさん。ライフスタイルモデルとして、幅広い挑戦をし続けていく姿勢が更なる魅力を引き出しています。2017年に初めて出場したフィットネスビキニ大会の経験が今の自分に繋がっていると話す栗原さん。今後の様々な活躍に期待が高まります。

BODIET が調査した今最もすぐにダイエット成果を出すジム
結果が今すぐ出やすいランキングジム一覧
ウェブエンジニアである管理人のYUUKIが、累計5万人以上が閲覧するBODIETの独自データベースによるAIアクセス解析のもと、また他のパーソナルトレーニングジムサイトにて感想を集め集計した情報をもとにダイエット・ボディメイクの結果を早期に出しているジムをランキング形式で紹介します。

アバター

パーソナルトレーニングジムでマイナス15キロ達成しました。
普段はウェブデザイナー兼、ウェブエンジニアの仕事をしています。プロテインはチョコミント味が好きです。

 


1位:Body impact plannner

場所:田町、飯田橋
※このジムは管理人が実際に利用しダイエットを成功させたジムのため、どうしてもサイト内のデータによりランキングが高くなったのが要因ですね^^;費用についてはランキング内で一番低価格ですが、安心して結果が出ます。



2位:EZiL

場所:渋谷(桜丘町)、渋谷(鶯谷町)
美人のパーソナルトレーナーしかいないといわれる噂のジム。ですが男女関係なく多くの方が詰めかけており、素晴らしい評判を様々なサイトにて見かけました。女性目線の男性モテボディ、女性同士だからこそわかる美ボディメイクと気持ちのケアが売りのパーソナルトレーニングジムです。


3位:エススリー
場所:全国対応 北海道エリア(札幌)、東京エリア(吉祥寺、銀座、新橋、池袋、新宿、上野御徒町、練馬、豊洲、錦糸町)、神奈川エリア(川崎、横浜、溝の口、藤沢)、愛知エリア(名古屋栄)、関西エリア(南船場)、福岡エリア(福岡天神)
※業界中大手のエススリー。産後の女性のためのボディメイクとして託児所があったり、また婚活女性サポートシステムとして結婚相談プログラムがあるなど、女性の強い味方です。様々なダイエット系サイトの評判では「エススリー」と「エジル」を推す声が非常に多いですね^^



4位:RIZAP

場所:全国対応 北海道~沖縄まで各主要都市にあり。詳しくはウェブサイトを参照 地方都市にはだいたいあります。
※パーソナルトレーニング=ライザップというのは、だれもが異論ないことだと思います。私の女性の友人も現在通っており、最新の機械と完全合理的なプログラム。そして管理能力が絶妙だと言っています。高いのがたまのキズですが、ここで失敗したらダイエットを諦めたほうがいいレベルで素晴らしいです。


 

 


5位:Apple GYM

場所:恵比寿東口、恵比寿西口、中目黒、中野、二子玉川、吉祥寺、横浜、大宮
多くの芸能人が通われることで有名なパーソナルトレーニングジムです。40名強の芸能人の方が通われています。しかも結構名前の通っている芸能人だったりとビックリしますね。雨上がりの宮迫さん、椿鬼奴さん、多くのモデルさんなどが通われています。どうもオーナーの方が芸能界と非常に多くの繋がりがあると聞いています。


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

購読し続けると平均-2kg減量!?

おすすめの記事